開発者の声・・・「Clean Basket」

こんにちは。
この度「Clean Basket」の開発に携わらさせていただいた、企画開発部の松井と申します。ここでは商品開発に携わった際のちょっとした裏話や想いなどを紹介させていただきたいと思います。

この「Clean Basket」は医療用器具の滅菌や消毒の際に使用する、いわゆる「洗浄カゴ」です。弊社はステンレス線材を主に扱わさせていただいておりますので、この手の商材は言うなれば 得意分野の商材となります。

クリーンバスケット 開発者の声

しかしながら、医療用器具の洗浄カゴは従来にも類似品があり、どのように差別化するかが課題の一つになっておりました。

どう差別化をするか・・・考えていく中で、この商材は従来の洗浄カゴのイメージがユーザーや 使用する機関にも浸透していますので自己満足な付加機能をつけ、コストを必要以上にあげるよりは、 シンプルに使い勝手を追求しリーズナブルに提供する方が受け入れてもらいやすくなるのでは、と考えました。

良い商品=高付加価値商品では必ずしもないと考えます。良い商品の定義は難しいですが、買った方や使用される方に満足を与えるモノが共通して言える定義の一つでしょうか。。
その満足が難しいのですけど。。コストだったり、機能だったり、デザインだったり人それぞれですので。。

また製品コンセプトの策定にあたっては従来品の問題点であった事柄を整理することからはじめました。
製品の端部でケガをする(感染の恐れが増す)、アミが切れやすくすぐ壊れる、カゴの購入予算が意外とかかる、など・・・

問題点を一つ一つ丁寧に改善する事でユーザー様に分かりやすいメリットを提供する事を心掛けました。上記の問題点の改善は全て設計変更をするコトで解決できる事柄ばかりでしたので、構造検討、製造方法や工程の見直しをすることで比較的容易に課題解決はできました。

その後、試作品を製作し実際にお客さまにご提案させていただいたところ概ね好評とのお話。。正直、良かったです。。。(テストの答え合わせの感覚に似ていますね)

線材を扱わさせていただいているメーカーとして、今後もこのような製品は積極的に提案開発させていただければと考えております。
あくまでも、自己満足ではなくお客さまに喜んでいただくために商品をさらにブラッシュアップしていこうと思います。。

ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2013 協会奨励賞

また「Clean Basket」は「ジャパン・ツバメ・インダストリアルデザインコンクール2013」(新潟県燕市で行われているデザインコンクールです)で協会奨励賞をいただきました。
医療分野参入に際して励みにもなりますし、今後も勉強させていただき、良いものを提供させていただければと思います。

株式会社シンドー 企画開発部 松井

開発者の声・・・「Clean Baske Bottom」

はじめまして、こんにちは。
今回「Clean Basket Bottom」の開発に携わりました企画開発部の高波と申します。
はてさて、この「開発者のメッセージ」のコーナーにコメントを添える事になるとは思ってもおりませんで(汗)開発者と言われ気恥ずかしい感じもしますが、このClean Basket Bottomの開発の裏話もはさみながらご紹介していきたいと思います。

この「Clean Basket Bottom」は医療用器具の滅菌や消毒の際に使用する、いわゆる「洗浄カゴ」です(@松井さんのメッセージから抜粋(笑))
弊社商品で、先に発売してます「Clean Basket」の商品の幅を広げるため生まれたのが「Clean Basket Bottom」なんです。

「で、何が違うの?」ってそうですよね。
「Clean Basket」と「Clean Basket Bottom」の最大の違いはズバリ!みなさんがお使い頂いている洗浄機の種類にあります。

Clean Baske Bottom

「Clean Basket」は主にいわゆる「ジェットウォッシャー型」の洗浄機に使える洗浄カゴとして開発され、「Clean Basket Bottom」は主に「超音波型」の洗浄機に使える洗浄カゴとして開発されました。

これからは洗浄力が高く、乾燥機能も備えるジェットウォッシャー型の洗浄機がどんどん広まっていくと思いますが、まだまだ従来の超音波型洗浄機をお使いのみなさんもいらっしゃるかと思います。

線材を取り扱っている弊社としましては、みなさんの「かゆい所に手が届く」商品をご提供できたら…という想いから、この「Clean Basket Bottom」の開発に着手したわけです。

開発に当たっては、「Clean Basket」の開発で培ったポイントを盛り込みながら、従来品や洗浄機に付属している洗浄カゴの「困った」を更にひとつひとつ拾い上げました。
「カゴがゆがんじゃった」「網がやぶれちゃった」「フタのヒンジが壊れて使えなくなった」等々…毎日毎日何度も使うモノですから、丈夫で安心な商品をお届けしなければいけません。使い勝手はそのままに…いや前よりも使いやすく。検証を重ねてようやく生まれたのが「Clean Basket Bottom」です。

今お使いの洗浄カゴがもし壊れていたり、破けていたりしながらも使っていられるのであれば、お試しにでも「Clean Basket Bottom」をお使いいただけたらと思います。その違いが実感できると思います。

株式会社シンドー 企画開発部 高波

Copyrights (C) 2013 医療用洗浄カゴの専門店【使う人の安全・安心を最優先に考えた洗浄カゴ・滅菌カゴの販売】 all rights reserved

株式会社シンドーの、医療・福祉関連シリーズ
医療用・手術室用踏み台の専門店 玄関用踏み台・段差解消ステップの専門店 足置き台・フットサポーターの専門店 玄関・屋外用スロープ・段差解消スロープの専門店